Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 45「パッサージョとは?」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード45「パッサージョとは?」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 45 "What Is The Passaggio?" - Voice Lessons To The World

エピソード45「パッサージョとは?」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com

 

目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 45 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード45へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Reg B. in Vancouver, British Columbia.

 

みなさんが質問する機会はあとで設けるとして、今週の質問はブリティッシュ・コロンビアバンクーバーのレッジ・Bさんから来ています。

 

今週の質問:パッサージョとは?

 

And Reg writes, “Dear Justin, I'd love for you to do an episode on classical singing, specifically on ‘what is the passaggio and how do i navigate it well?’ ”

 

ジャスティンさん、こんにちは。クラシックの歌い方、特に『パッサージョとは何?うまく通り抜けるにはどうしたらいいの?』という内容のエピソードをやってほしいです。」

 

Wow. Great, Reg. Thank you so much for that question. Yes, we will do that episode right now on the passaggio.

 

ワオ。レッジさん、素晴らしい質問をありがとうございます。そうですね、今回はパッサージョのエピソードをやりましょう。

 

This is a very common term. It's used in classical singing, but actually I want you guys to know this no matter what style of singing you're doing.

 

パッサージョはよく知られている用語です。クラシックの歌い方で使われている用語ですが、実際には、どんなスタイルで歌っているとしても知っておいてほしいことなんです。

 

Today we will do a little bit more of a classical episode, but this is for all singers everywhere, really - this idea of the passaggio. So, what is the passaggio?

 

今回はクラシックよりのエピソードをしますが、パッサージョの考え方は正にすべてのシンガーのためのものです。では、パッサージョとは何でしょうか?

 

ベル・カント

 

Passagio comes from the Bel Canto singing tradition of vocal technique and understanding of the voice.

 

パッサージョという言葉は「ベル・カント」という伝統的なヴォーカルテクニック、声の知識から来ています。

 

And you guys don't know about Bel Canto, I really hope you go and research this a little bit or find a teacher that understands Bel Canto. So much of what we know about vocal technique comes from Bel Canto. It's not everything, but it's really really one of the very finest vocal technique systems in the whole world. So check out Bel Canto. 

 

ベル・カントについて知らないのであれば、少し調べるか、それについて理解している先生を見つけることをお勧めします。ヴォーカルテクニックについて理解されていることの多くはベル・カントから来ています。これが全てではありませんが、世界で最も洗練されたヴォーカルテクニックの一つですから、ベル・カントをチェックしてみてください。

 

But it's an Italian tradition, the Italian vocal school. And passaggio is an Italian word

that means “passage”, okay?

 

ベル・カントはイタリアの伝統的な声の学派です。パッサージョはイタリア語で「通路」という意味です。

 

様々な声区

 

Now I know you guys know a little bit now about vocal registration. We have different registers of our voice.

 

さて、みなさんはもうすでに声区に関して少し知っていることでしょう* 。私達の声にはいくつかの異なる声区があります。

 

*訳注:声区に関しては今までのエピソードでジャスティンが少し説明していますね。よく知らない人はこれを見てみましょう。

 

There's the chest voice, the head voice, the falsetto, the mix, vocal fry, flageolet, whistle voice. There's many registers. We're going to talk about all of them in great detail as we go forward into the future.

 

チェストヴォイス、ヘッドヴォイス、ファルセット、ミックス、ヴォーカルフライ、フラジオレット、ホイッスルヴォイスなど、たくさんの声区があります。これらの声区についてはこれから先でも詳しく話していきますね。

 

パッサージョ

 

But the registers of your voice also have transitions between them. And usually the

lower mechanism, often chest voice and the higher mechanism, often head voice, has a moment of transition, which is that passagio, Right? - transitioning between the vocal registers.

 

ただ、それぞれの声区にはその間に「変わり目」もあります。ふつう、低い声の仕組みであるチェストヴォイスと、高い声の仕組みであるヘッドヴォイスの間には移り変わる瞬間があって、それがパッサージョと呼ばれているんですね。声区の間を移り変わる時です。

 

So there's a lot of terms that are sometimes used to describe this. There is the passaggio, also like I say known as the passage or transition or bridge or break or that place in my voice where it cracks so horribly and miserably that I want to crawl into a hole and never show my face to the world ever again. There's tons of terms that we can use to describe that passagio event.

 

このことを説明するのにはたくさんの用語が使われています。パッサージョのことは、先ほど言ったようにパッセージ(通路)とか、変わり目とか、ブリッジとか、ブレイクとか、あるいは…「ひどく、みじめに声が裏返ってしまうから、穴があったら入りたいし、もう二度と顔を見せたくない!となってしまう声の部分」* などというふうにも言えます。パッサージョで起こることを説明するのに使える用語はたくさんありますね。

 

訳注:ジャスティンのジョークです(笑)。でも裏返りに悩んでいる人には共感できる、切実なことですよね。

 

But what I'm going to do today is show you first with a song how to navigate the passaggio and then give you tips on how to navigate it and then give you an exercise too, for men and women on how to navigate the passaggio, Okay?

 

今回やることは、まず曲の中でどうやってパッサージョを通り抜けるかを見せた後、通り抜ける方法のヒントをお伝えし、最後にパッサージョを通り抜けるエクササイズを、男性と女性、それぞれにしてもらうことです。

 

曲例:グルックのイタリア歌曲

 

Now this song here is called “Oh Del Mio Dolce Ardor”. It's a very common Italian art song that many of you classical singers may know. I'm going to navigate the passaggio in this song to show you what that sounds like. This is by Gluck.

 

それでは「ああ、私のやさしい熱情が」という曲をやりますね。よく歌われるイタリア歌曲なので、クラシックシンガーのみなさんは知っているかもしれません。この曲でパッサージョを通り抜けるとどういう声になるのかをお見せしましょう。グルックの曲です。

 

[Song]

 

(歌)

 

Okay. So that top note in there, that “Brama…”, that is a note that is right on the male Primo passaggio, which is right around an E, or F. This happens to be an F.

 

この曲の最高音は「ブラマー…」で、この音はちょうど男性の最初のパッサージョ(EやFあたりです)にあたります。たまたまFでしたね。

 

起こり得る問題

 

Now here's some things that could go wrong. That did not go wrong, that was good. But here's some things that could go wrong.

 

では、うまくいかない例をいくつかお見せしましょう。さっきはうまくいきましたが、これから見せるのはうまくいかない時のパターンです。

 

ファルセットに裏返ってしまう

 

I could go “Brama…” and go into falsetto. “Brama…” and not be able to connect that. That's one thing.

 

「(裏返って)ブラマー…」とファルセットに行ってしまうかもしれません。「ブラマー…」と声区をつなげることができない。これが一つです。

 

喉頭(のど)を下げ過ぎてしまう

 

I may lower my larynx too far and “Brama…” and have too deep of a sound.

 

喉頭(のど)を下げ過ぎて「(深過ぎる声で)ブラマー…」と深過ぎる声になってしまうかもしれません。

 

喉頭を上げ過ぎてしまう

 

I may raise my larynx up “Brama…” and have too tight of a sound.

 

喉頭を上げてしまって「(きつい声で)ブラマー…」と声を締め付けてしまうかもしれません。

 

口を横に広げてしまう

 

I also may spread my lips and do “Brama…” and get too wide of a sound.

 

口を横に広げて「ブラマー…」と、広げ過ぎた声になってしまうかもしれません。

 

声を大きくし過ぎてしまう

 

I may also do “Brama…” and get too loud on my passagio and that would also not be good to have to change the volume.

 

「(大き過ぎる声で)ブラマー…」とパッサージョで声が大きくなり過ぎるかもしれません。ヴォリュームを変えないとこの音が出せない、というのはよくありませんね。

 

適切な通り抜け方だと

 

So there's tons of ways that I could navigate a passagio poorly. But really, Bramato Oggetto”  the one where nothing really changes and the air zips inside my head - that's the one that we're looking for for navigation of the passaggio.

 

ということで、パッサージョをうまく通り抜けられないような歌い方はいくつもありましたね。でも「(上手に)ブラマート・オッジェット」という風に、何も変えず、息を頭の中に進ませる歌い方こそが、私達の求めているパッサージョを通り抜ける方法です。

 

パッサージョのヒント

 

So let me give you some flat-out tips for navigating that passaggio region, okay?

 

それではパッサージョのあたりをうまく通り抜けるための、わかりやすいヒントをお伝えしましょう。

 

口を狭く保つ

 

We want to stay narrow, right? We don't want to get wider, okay?

 

口は狭く保ち、広げないようにしましょう。

 

鼻腔共鳴を使う

 

We want to use nasal resonance, right? In fact we don't want to lift the soft palate too far. We want to have some “hmm” and nasal resonance in the sound.

 

鼻腔共鳴を使いましょう。実際には、軟口蓋* はあまり持ち上げたくないものなのです。「ンー」という鼻腔共鳴がいくらか必要です。

 

*訳注:舌先を上歯の後ろに当てて、そのまま後ろに滑らせていくと、柔らかい部分に当たりますね。これが軟口蓋です。軟口蓋を上げると鼻腔への通路が遮られます。

 

声を大きくしない

 

Like I say we don't want to get louder. We don't want to have to push the voice past the passaggio area.

 

先ほど言ったように、声を大きくしないようにしましょう。パッサージョのあたりで声を押し出すことはしたくありませんね。

 

息を押し出さない

 

We also don't want to use more breath. That's a similar thing, but not quite the same. We don't want to push more breath across the passaggio.

 

それから息も増やさないようにしましょう。似ていることですが、全く同じではありません。パッサージョにかけては息を押し出さないようにしたいですね。

 

ファルセットを使わない

 

We don't want to go to falsetto. We don't want to get too light or for females too heady of a head voice, right? We don't want to get too light or airy of a phonation right at the passaggio. We want it to stay solid enough.

 

ファルセットに行かないようにしましょう。軽くなり過ぎたくはないし、女性も、ヘッドヴォイスを軽くし過ぎないようにしましょう。パッサージョでは軽くし過ぎたり息を混ぜ過ぎたりしたくありませんね。十分にしっかりした声を保ちましょう。

 

喉頭を下げ過ぎない

 

And then finally we don't want to jam the larynx down. We don't want to have too dark or too heavy of a sound.

 

最後に、喉頭を下げ過ぎないようにしましょう。暗過ぎたり、重過ぎたりする声にはしたくありませんよね。

 

喉頭を締め付けない

 

And of course, we don't want to have too lifted or squeezed of a sound with the larynx.

 

もちろん、逆に喉頭を持ち上げ過ぎたり締め付けたりもしたくありません。

 

So, these are all great tips I think for what things to think about that could be going wrong with your passaggio region and how to right them.

 

以上が、パッサージョがうまくいかない時、それを直すために考えられることで、重要なヒントになると思います。

 

パッサージョのエクササイズ

 

Now I'm going to give you an exercise. First we're gonna have men coming up. And I'm going to switch and change to the ladies going up. And give you an exercise that helps you do some of those things that I just mentioned, just built into the exercise. All you have to do is do it. You don't have to even think because it's built into the exercise.

 

それではエクササイズに行きましょう。まずは男性に上がってもらって、その後女性に変わって上がってもらいます。今回話したことが組み込まれているエクササイズですから、やるだけで大丈夫です。このエクササイズには必要なことが組み込まれているので、考える必要すらありません。

 

男性の「マーオーンノーン」

 

What we're gonna do is “ma-awn-nawn”, okay? “ma” on the bottom, something wider and then “awn-nawn” on something smaller, slimmer and more nasally resonant on the top.

 

これからやるのは「マーオーンノーン」です。下の「マー」では口を広げますが、上の「オーンノーン」では口をより小さく、スリムにし、鼻腔を響かせた声にします。

 

Take a listen to this. “ma-awn-nawn-nawn”. Okay? the bottom is wider, the top is smaller and more contained. That's what we're looking for for the passaggio region. So this exercise is going to help you to do that.

 

聴いてみてください。「マーオーンノーンノーン」。下では(口を)より広く、上ではより小さく、頭に響く感じです。パッサージョのあたりで求められるのはこういったことで、このエクササイズがそれを促してくれます。

 

Now here's guys with me right here on “ma-awn-nawn” and I'll tell the ladies when we're switching to you, Okay? But here is guys with “ma-awn-nawn” here it is.

 

それでは男性から、「マーオーンノーン」です。女性に切り替える時には伝えますね。まずは男性の「マーオーンノーン」です、行きましょう!

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Fantastic work, guys! So you can see that we use the same qualities of how to navigate the passaggio as we go across it and then that's how you're going to bridge the gap into your high notes and give them size without giving them strain.

 

素晴らしい出来です!パッサージョを通り抜ける時には、そのための声質を保てば、高い声との溝を埋め、締め付けずともしっかりした声が出せるのがわかったと思います。

 

女性の「マーオーンノーン」

 

Now we're going to switch right to ladies and we're going to go up way high, ladies. And you're going to do the exact same thing. The very same concepts apply for

you.

 

次は女性のみなさんのエクササイズに切り替えて、ずっと上の方まで行きましょう。全く同じことをするので、同じコンセプトが使えます。

 

So let’s start ladies right here, “ma-on-on-on” okay? There you go.

 

では女性のみなさん、始めましょう。「マーオーンノーンノーン」です。行きましょう!

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Spectacular. So I hope you guys now understand in greater detail what the passaggio is and how you can navigate it.

 

素晴らしい!パッサージョとは何か、そしてどうやって通り抜けるのか、詳しいところまで理解してもらえたならと思います。

 

We got some great tips there and also some practical exercises for you to feel that slimmer, more contained shape. That's going to help you bridge that gap and not have that miserable cracking or shifting in the voice right when you don't want it to the most.

 

大事なヒントもやりましたし、よりスリムで、頭の方に響かせる歌い方を感じるための実践的なエクササイズもやりましたね。これが声の溝を埋めて、声を裏返したくない時にそうならなくて済むようにするのに役立つことでしょう。

 

終わりに

 

So, Reg and all, I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you have questions that you'd like to see us answer on the show you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

ということで、レッジさん、みなさん。今回の内容がシンガーのみなさんの役に立てばと思います。このショーで答えてほしい質問があれば、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

We just encourage you not to lose that joy. Don't lose that passion. Get with a great voice teacher in your area that can show you classical technique or contemporary technique or hopefully both. And don't let anybody ever tell you you can't sing. You and I both know that is not true.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。クラシックのテクニックか、ポピュラーのテクニック、あるいは両方を見せてくれるような、素晴らしいヴォイスティーチャーをあなたの地域で見つけましょう。それから、「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。あなたも私も、それが本当のことではないと知っていますから。

 

If you guys are in the New York City area, you can come visit us at www.NewYorkVocalCoaching.com. Or check us out on Skype. We do skype lessons with singers from all over the world.

 

ニューヨークにいるのなら、 www.NewYorkVocalCoaching.com にアクセスしてみてくださいね。それかスカイプもチェックしてみてください。世界中のシンガーにスカイプレッスンをしていますから。

 

You can also... I encourage you guys to download the free app, Voice Lessons To The World, the app. Tons of free articles, tips, resources right there for you guys that hopefully help you take your singing to the next level.

 

無料のアプリ、「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」もぜひダウンロードしてみてください。歌のヒントや、記事、資料など、内容は盛りだくさんで、あなたの歌を次のレベルへと連れていけたらと思っています。

 

Or you can visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

それから www.VoiceLessonsToTheWorld.com も見てみてくださいね。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はパッサージョに関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact